オススメのゴルフ漫画「8選」

プロゴルファー猿

プロゴルファー猿

読者の声(3人)

もはや格闘ゴルフと言ってもいいぐらいに、格闘技とゴルフが合体した作品です。作者の藤子不二雄③先生の凄さを未だに感じる作品で、なかでもドラゴン打ちの龍は、あまりにも有名でご存知も多いはずです。いまでも、ゴルフクラブに似た棒を見つけると、主人公の猿を真似してみたりします。

現実離れしたプレーや社会状況の記載も多くあるが、スポーツに打ち込む姿や努力が必要なことはしっかりと伝わり、生半可な気持ちではやっていけいない、というメッセージを読者に発していると感じられる、非常にすぐれた漫画のひとつだと思う。

小学生の頃好きで、漫画も読みましたがアニメも好きでした。もともとスポーツが苦手なため、スポーツ漫画は興味がなかったのですが、プロゴルファー猿だけは面白くて好きでした。難しいゴルフのルールも作中にあったように思いますが、それでも面白く読み進められる内容となっていました。

スポンサーリンク

ライジングインパクト

ライジングインパクト

読者の声(3人)

今大人気の七つの大罪の作者の鈴木 央先生が過去に書かれてジャンプで連載されていた作品です。後半は打ち切りのようなあわただしいテンポで進んで行き伏線も多く残されましたが鈴木 央先生のファンならぜひ見るべきです。

アニメ化もされた7つの大罪と同じ作者のマンガです。
主人公は、ゴルフ初心者ですが、出会いなどを経て成長をしていきます。
必殺技なども登場し、ゴルフを知らない人にもゴルフの世界を知ってもらうには良いマンガだと思います。

週間少年ジャンプで掲載されていたゴルフ漫画です。
小学生の主人公・ガウェインがゴルフと出会い、ゴルフとともに成長していく話です。
ゴルフをしている人もしていない人も面白い!と思える作品です。
私はこれでゴルフを始めました!

黄金のラフ―草太のスタンス

黄金のラフ―草太のスタンス
「黄金のラフ」がビッグコミックに連載されていた当時、このマンガが掲載されていれば欠かさず読んでいました。といっても、読み始めたのは連載当初からではなく途中からです。ほかに追っていたマンガがあって、たまたま「黄金のラフ」に目がとまり、なんだか面白いと思ってからは毎回読むようになったのです。
このマンガのどこに興味がひかれたかといえば、主人公の藤本草太のバカっぽい言動、ボールを打つときに表情でスイングが変えられるというおかしさ、もういろいろです。
キャディーの太子との掛け合い漫才のような会話もかなり読んでいて楽しいというかおかしいというか、結局連載終了までずっと追っていました。よかったらぜひ読んでみてください。

阿呆鳥の唄

阿呆鳥の唄

ビジネスジャンプに時たま掲載されていた漫画です。内容はとにかく馬鹿面白くて楽しめます。極道がテーマなのですが。ゴルフに登場してくるキャラクターだったり、ゴルフ自体に仕掛けられている内容が本当に面白いです。一読必見です。

スポンサーリンク

DANDOH!(ダンドー)

DANDOH!

私がおすすめするゴルフ漫画は「DANDOH!」です。この漫画はアニメもされましたが、週刊少年サンデーに連載されていた漫画になります。小学生の青葉弾道が多くのゴルファーと出会い真のゴルファーへと成長していく物語です。最初はゴルフテクニックも学び、後半はストーリーを楽しむ。わくわくするようなゴルフ漫画です。

上がってなンボ!!

上がってなンボ!!

ALBAというゴルフ雑誌に連載されていた漫画でしてシリーズがいくつかありますが、それぞれのシリーズのキャラクターや登場人物、ゴルフの知識や考え方日本人と欧米人のものの考え方の違い色々な面で勉強になるし笑えるし泣ける漫画だと思います。

あした天気になあれ(ちばてつや)

あした天気になあれ(ちばてつや)

あした天気になあれは,ちばてつやのゴルフ漫画ですが
1984年10月6日-1985年9月20日
フジテレビで放映されました.
今までのアニメの主人公とは違いちょっとデブであまりかっこよくありません.
ストーリーはプロゴルファーを目指す中学生・向太陽が、
練習生を務めながらプロテストを受験し、史上最年少でプロテストに合格する。
最後には英オープンゴルフに出場する。
試合の中で学び強くなっていくようすが
中学生なんてあり得ないのにあり得る感じになります.
「チャー・シュー・メン!」の掛け声でショットするのは有目になって
一時ごるぶ状でも流行りました.
子供でもわかりやすい説明で,とても有意義でした.

土堀課長 ゴルフ人生

土堀課長 ゴルフ人生

いけうち誠一さん作のゴルフ漫画で、最初あまりゴルフ漫画に興味のなかった私ですが、いつのまにか見入ってしまった漫画です。
サラリーマンのゴルファー向きらしいですが、学生の私でも思わず笑ってしまう内容なのでおすすめです。

スポンサーリンク